design.jpg

3Dプリンタ
による
金属製品製造

 
IMG_0861.JPG

Metalreal~メタリアル~について

【創業の経緯】

 当社メタリアルは2020年6月に開業いたしました。前職である金属加工メーカーに20年間勤め、金属加工(主に真鍮)の技術や知識を学びました。顧客様との接客にも携わり、新商品の開発をしたり既存の商品の改良などをしていました。新規受注の際にはお客様からデザイン画の提出や現物の持ち込みによって開発する場合と、弊社の方からデザイン画やサンプルを提案する場合があります。そのような業務をしていましたが、2020年1月頭に前職の会社が会社都合で閉業となりました。

そのあとも取引先と連絡のやりとりをしていましたが、商品の供給をしてほしいとのご要望があり、6月に意を決して開業するにことにいたしました。

 現在は主に金属雑貨(バッチ、キーホルダー、ブローチ等)を法人の顧客様向けの製品を製造販売しています。


【受注から販売までの業務フロー】

 顧客様との打ち合わせでデザインや仕様を決め、既存の3Dプリンタを使用して試作品を作り、そこから協力工場に量産サンプル用の型作りを依頼し量産サンプルを弊社にて細かい仕上げをします。その原型を元に量産用の本型を作り量産品製造を行ってもらいます。仕上がった製品にメッキをし弊社にてパーツを取り付けて梱包をし納品や発送をするのが一連の流れです。


【主要顧客】

イベント関係の代理店と地方の観光施設と徽章関係のパーツ店です。代理店からは販促用のノベルティグッズ(特にピンバッチ)の注文が多く、地方の観光施設からはご当地キャラクター(いわゆる「ゆるキャラ」)のバッチやキーホルダーの注文が多いです。徽章関係のパーツ店からは前職から加工方法を引き継いだ弊社オリジナルのパテントタイタックというバッジや社章を留める金具の注文をいただいています。

 

​製品例

墨田区の3Dデザイン加工

珈琲​ショップオリジナルバッジ

販売用(左)とノベルティで配る用(右)を製造いたしました。
真鍮無垢製で色入れ加工したもの、鈴と鉛の合金製で差別化させました。

IMG_1308 (編集済み).JPG

パテントタイタックキャッチ

自社設計のオリジナルデザインの
スタイリッシュで便利なキャッチです。

IMG_1187 2.jpg

家紋ペンダント

家紋を立体デザインしたものを3Dプリンタで作り
それを元にシルバー925で製作しました。

IMG_E0963_edited.jpg

オリジナル社章

社章のロゴデザインを真鍮素材でプレス
そのあと針をロウ付けしてから塗装をし
留め金具を付けてバッジにしました。

IMG_E0970.JPG

アクリルチャーム

キャラクターの手書きイラストやイラストデータを頂き

データを編集しアクリルの板に裏から印刷したあと

レーザーでカットします。出来上がった製品に​チャーム用のパーツを取り付けました。

IMG_E0965.JPG

オオカミシルバーリング

現物をお預かりしたものを3Dスキャナーにかけ
データを編集して3Dプリントします。
それをもとにシルバー925に加工し、
鏡面磨きをして仕上げました。

IMG_E0979.JPG

アクリルキーホルダー

アクリルパーツを作るための金型を製作します。

金型を使って射出成型という製法でパーツを作り

キーホルダーを取り付けます。

追加で表面に箔押しでネームを入れたりもできます。


IMG_E0968.JPG

砂金入れ用ストラップ

真鍮で加工したものを原型としてゴム型を作ります。
その型を使いラバーキャストという製法で
すず製のパーツを作りメッキをして
真ん中のパーツをのり付けしストラップパーツを取り付けました。

IMG_E0967.JPG

3Dプリンタ造形品

樹脂素材各種です。

IMG_1605.JPG